www.smarti01.com

クレームに対応するためには、外国語の知識のある社員も雇う必要があります。 最近では、外国人も多く住んでいますので、それに比例するように外国人のクレームも多くなりつつあります。 外国人からクレームが来た場合、言葉が通じないとうまく対応することができませんし、相手にも誤解を与えたままになってしまいます。 この時、外国語のできる社員がいれば、うまく対応していくことができますので、企業の評判を落とさずに済むのです。 ただ、外国人のクレームに対応するためには、ただ外国語が得意なだけでは十分ではありません。 外国人の場合、考え方が違っていることも多くなっていますので、その文化の違いにも対応できないといけないのです。 外国人の方にも充分に対応したいときには、まず文化の違いを理解したうえで対応できる社員を育ってみるとよいでしょう。 この点にも注意をすることにより、国籍問わずよりサービスに満足してもらうことができるのです。